スタッフコラム

新たな人生にめぐり逢う、旅。の始まり…
新たな人生にめぐり逢う、旅。の始まり…
2019.08.17

新たな人生にめぐり逢う「ななつ星」の旅は、博多駅にあるラウンジ「金星」から。
「ななつ星」にご乗車前にもお楽しみは始まっています。

ラウンジに到着したら、まずは私のお気に入り、八女玉露の氷出し茶を一口。
濃い緑色ですが、すっきりとした味わいで心と体をリフレッシュ。
冷たいお茶はこの季節にぴったりです。
実は8時間ほどかけてじっくりと氷を溶かしながら淹れることで、お茶本来の甘みを最大限に引き出した一杯なのです。

そのほかにも、オリジナルスイーツとお飲物をお楽しみいただけます。
お飲物は主に九州のものを厳選しています。(アルコールもございます!)

ご注文を頂きましたら、クルーが最高の笑顔で丁寧にお作りします。

ラウンジ「金星」でも、皆様が気持ちよくご出発していただけますよう
九州の素材とスタッフの笑顔をお届けいたします!

素敵な旅の始まりをお楽しみ下さい☆

クルー
新野
「古伊万里焼(こいまりやき)」は有田焼ではない?
「古伊万里焼(こいまりやき)」は有田焼ではない?
2019.08.07

「ななつ星」の1泊2日コース(1日目)は、有田の窯元を訪れます。
今回はそんな有田町の焼物についてのお話です。

皆さまは「古伊万里焼」という焼物をご存知でしょうか?

有田焼とは現在の佐賀県有田町でつくられている焼物、そしてその隣の伊万里市では伊万里焼がつくられています。

では“古伊万里焼”とは? 古い伊万里焼でしょうか。

いえいえ、実は「ある時期の有田焼」の総称なのです。

名前の由来にも歴史を感じます。
現在の焼物はトラックにて窯元から出荷され全国に届けられますが、鉄道もなかった江戸時代は船で運ぶのが一般的でした。(ちなみに有田町に鉄道が通ったのは明治30年です)

有田町は山奥に位置しており、なんとか港まで焼物を運んでいく必要がありました。当時は伊万里港専属の担夫が10キロの道を担いで近くの港まで運んでいたそうです。
そしてその近くにあった港というのが、伊万里港です。
伊万里港に着いた焼物は、全国に出荷される際、「伊万里焼」の名前で積み込まれました。
その時に出荷した有田焼が「古伊万里焼」と呼ばれているそうです。

有田散策の際は、こんな歴史も思い浮かべてみるとよりお楽しみいただけるかもしれません。

写真は、当時の「古伊万里焼」の1つです。
不思議な形だと思いませんか? 一体どのような場面で使われていたものなのでしょう?

正解は… 是非クルーにお尋ねください。

スタッフ
「ななつ星ベース」
「ななつ星ベース」
2019.07.27

皆さま、こんにちは。
今回は、誰も知らない〝裏〝のななつ星をご紹介します。

博多駅の隣の竹下駅構内には、ななつ星の運行に関わる備品を管理している倉庫「ななつ星ベース」があります。
ここは、運行に関わる備品が保管されている場所で、言わばななつ星の心臓部と言っても過言ではありません。

さて、いったいどのくらいの備品が保管されているのでしょう?

レストラン関係(ドリンク等)・客室関係(アメニティ類等)なんと、4万点以上!!

クルーは列車内でのサービスとは別に、4万点以上という多くの備品の管理、発注、納品、棚卸しに加え、お客さまの性別毎にアメニティーをセットしたり、各部屋に飾るお花の準備までさまざまな業務を行います。

ななつ星にご乗車の全てのお客さまに、快適で心地良く、最高の思い出の旅となりますように。と想いを込めて、クルー全員が運行の準備に携わっています。

約1ヶ月間の定期運休も終わり、ななつ星も元気に走り出しました。
クルー一同、皆さまとお会いできる日を楽しみにお待ちしています。

クルー
伏谷
ななつ星は電車?
ななつ星は電車?
2019.07.17

運休中の「ななつ星」。今日はちょっと角度を変えたお話しです。

時々お客さまに「ななつ星の電車」といわれることがあるのですが、実は「ななつ星」は「電車」ではないんです…!

「電車」とは文字通り電気を使って走る車両のことで、多くの電車は車両の頭上にパンタグラフというものが付いており、それを通して電線から電気を受けながら走ります。
このパンタグラフは「ななつ星」の頭上にはありません。

「ななつ星」はディーゼルエンジンで走る列車、「機関車」なのです。

「ななつ星」の顔とも言える先頭車両がまさしくディーゼルエンジン車。豪快な音を立てて走る力強い車両が、ラウンジカーやお客さまのお部屋のある車両等のエンジンのついていない客車を引っ張って走っています。

鉄道ファンの方には当然のことかと思いますが、そうでない方の中には「列車=電車」と思っている方も多いのでは?
かく言う私も、鉄道が大好きな息子から「列車≠電車」と教えてもらうまでは、すべて電車と思っておりました…

「ななつ星」は定期運休期間を経て、来週23日から元気に運行します。もうしばらくお待ちください!

スタッフ
三井
ななつの星に祈りを
ななつの星に祈りを
2019.07.07

7月7日にちなんで、7つの星の紹介をします。

客車を引っ張る機関車(DF200)の顔には、7つの星があることをご存知でしょうか?

機関車の上部に6つの星しかありません。

もう1つは…?

 

 

 

実は機関車の中央にあります。見つけられましたか?

列車の中だけではなく、車体を見ることもななつ星の楽しみ方だと思います。

7月7日は七夕です。

皆さまとななつ星の唯一無二のめぐり逢いを祈っております。

 

今晩は年に一度の「めぐり逢いの日」をお楽しみください。

スタッフ
松本
ななつ星の「木」と「気」
ななつ星の「木」と「気」
2019.06.27

今回は「ななつ星」車内の「木材」についてご紹介します。

「ななつ星」の車内に足を踏み入れるとすぐ、「木」のぬくもりに包まれます。
天井や壁に使用している「木」は天然の木材を薄さ0.2ミリにスライスして鉄板に貼り合せています。
車内のお部屋で使用している木材は、お部屋ごとに異なっており、ウォールナットを基調とした重厚感のあるお部屋やメープルを基調とした明るいお部屋などさまざまです。
廊下も号車ごとに異なる木種を使用しており、まるで銘木のギャラリーです。
この中には南北戦争を経験した「木」もあるとか。そんな天然の「木」からしか醸し出すことのできない「気」を感じます。
無機質なマテリアルでは生み出せない感動をぜひ。

 

スタッフ
山嵜
ロゼワインのおいしい季節
ロゼワインのおいしい季節
2019.06.17

みなさまこんにちは。
ロゼワインのおいしい季節、、ご存知ですか??

日本では桜の色に似ていることから、春のお花見のシーンなどで飲まれることが多いですよね。

実はヨーロッパでは、気温が上がるこの6月半ばから夏場にかけて最も飲まれているのです。
キリッと冷やしたドライな味わいは、赤ワインを少し重たく感じてしまうこの季節にぴったりです。

「ななつ星」では、大分県宇佐市安心院(あじむ)町にある安心院葡萄酒工房にて、シャンパーニュ製法でつくられるロゼスパークリングワインを冷やしてご提供しています。

3年間という長期間、瓶内で熟成され生まれたキメ細やかな泡と、親しみ易くも深い味わいを是非お楽しみください。

クルー
嘉村
「 隠れ7 」
「 隠れ7 」
2019.06.07

しっとりとした空気に緑の香りが漂う初夏の候。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
今回は、「ななつ星」にちなんだ「隠れ7」を紹介します。

「ななつ星」の中には、「隠れミッキー」のように「隠れ7」が存在します。
以前紹介しました“ナナホシテントウ”や愛犬の“ななちゃん”の他に、実は飲み物にも「隠れ7」が潜んでいるのです。

まずは、「ななつ星オリジナルブレンドコーヒー」
7 ヵ国のコーヒー生産地から厳選した 7 種類 の最上級ランク豆をバランスよく配合し、7 人の国際資格を持つコーヒー鑑定士が生豆の品質から焙煎度合いまで、とことんこだわり抜いたななつ星オリジナルです。
7種類の豆は、ブラジルサントスNo.2、コロンビアスプレモ、コスタリカSHB、エルサルバドルSHG、グァテマラSHB、マンデリンG-1、タンザニアAAをブレンド。スッキリと爽やかな味わいです。

そして、「ななつ星の紅茶」
ダージリンやアッサムなど世界の産地から茶葉を選び抜いた7つのお茶ときらきら輝く星型のアラザンをブレンドしています。
7種類の茶葉は、ダージリンファーストフラッシュ、ダージリンセカンドフラッシュ、ダージリンオータムナル、ダージリンインビトウィーン、ニルギリ、アッサム、ケニア。ぜひストレートで豊かな香りをお楽しみください。

最後に、私が最もお勧めしたい「ななつ星オリジナルハーブティー」
ジンジャー、ジャーマンカモミール、ドライアップル、ダイダイ果皮、レモンマートル、フェンネル、ブルーマローと、7種類のハーブや果物をブレンドしています。美味しいだけではなく、体を温め、消化を助け、リラックス効果などがあり、またお湯を入れると直ぐにブルーマローの綺麗な色に魅了されます。

「ななつ星」ならではの「7」にこだわった飲み物。飲むだけで素敵なことが起こりそうでしょ♪
恵みの雨が続き、お部屋でゆっくりお過ごしになることも多くなる季節。
「隠れ7」が潜んでいる特別な飲み物で、ゆっくりティータイムはいかがですか。

クルー
原尻
「くにさき七島藺(しちとうい)」植え付け体験
「くにさき七島藺(しちとうい)」植え付け体験
2019.05.27

皆さま、はじめまして!
「ななつ星in九州」の新メンバー、クルー7期生です。

まずは、簡単に私たち3人の自己紹介をさせていただきます。

春田史成(はるた ふみなり):さわやかな笑顔で、皆さまの旅のお手伝いをします!
山之口怜(やまのくち れん):クルー最年少のフレッシュな22歳!
上田悠倫子(うえだ ゆりこ):明るく元気な頑張り屋!

これから一人前のクルーとして、皆さまの旅のお手伝いが出来るように成長していきます。
どうぞ宜しくお願い致します。

今回のコラムは、先日私たちが参加した「くにさき七島藺」の植え付け体験のお話です。

ところで皆さま、くにさき七島藺(しちとうい)をご存知でしょうか?

以前もご紹介しましたが、ここで簡単におさらいを。
くにさき七島藺は、大分県の国東半島でのみ栽培されており、主に畳表などの材料として使用されています。七島藺はカヤツリグサ科の植物で、イグサ科のイ草とよく似ていますが種類が異なります。また国東市の農業は、2013年に「世界農業遺産」にも認定されており、七島藺の栽培もその1つです。
現在「ななつ星in九州」の3泊4日コースでも、1日目の車内にて「くにさき七島藺」を使った工芸体験をお楽しみいただいております。

今回、植え付け体験をさせていただいた場所は、七島藺農家の諸富さんの田んぼです。

くにさき七島藺についてのレクチャーを受けた後、長靴と麦わら帽子を身につけ、私たちも農作業スタイルに…!

最初は、初めて行う植え付けに苦戦…
コツを教えて頂きながら地域の皆さまと協力して、3時間かけて植え付けを終えました。
慣れない農作業が効いたのか、3人とも筋肉痛になってしまいました笑

今回の研修で、地域の皆さまが、大切な文化の一つであるくにさき七島藺を次の世代へ繋げていくために、熱い『想い』をもって様々なことにチャレンジされていることを知り、私たちも強い刺激を受けました。

7月末には刈取りが待っています!
私たちが植えた「ななつ星七島藺」がどこまで成長しているか楽しみです。

クルー
春田、山之口、上田
「ななつ星in九州」クルー第7期生が誕生!
「ななつ星in九州」クルー第7期生が誕生!
2019.05.17

「ななつ星in九州」に、新たに7期生クルーが誕生しました。

山之口・上田・春田の3名がこれから研修期間を経て新しくクルーとして乗務いたします。

(前列中央の花束を抱えた3名です。左から山之口・上田・春田)

 

3人は現在、研修を行っており、知識の習得やサービス向上に努めています。

 

クルーとして、みなさまと「新たな人生にめぐり逢う、旅。」をご一緒させていただく日を楽しみにしています。

スタッフ
門田
ドバイにて
ドバイにて
2019.05.07

本日の「ななつ星」の運行は、令和に変わって最初の運行です。

新時代も「ななつ星」をどうぞ宜しくお願い致します!

さて、実は先日、中東の国「ドバイ」にて

「日本」、「九州」と共に、「ななつ星」をPRしてきました。

これから日本に旅行したいという方が多く、非常に興味を持ってくださいました。

九州だけではなく、まだまだ知られていない日本の魅力を伝える事ができるよう、

日本全体の魅力発信として一役を担えるようこれからも頑張っていきます。

スタッフ
サイモン
桜色のななつ星
桜色のななつ星
2019.04.07

2019年度がスタートしました。

九州も桜が満開。春の訪れを知らせてくれています。

そしてこの時期の「ななつ星」には特別装飾が施されます。

ピカピカの車体に反射する「桜」。まるで「桜色」のラッピングが施されたようです。

写真は久大本線の豊後中村駅にて。

この時期だけの自然からのおもてなし。車窓から舞い散る桜をゆっくり眺める時間もまた格別です。

春の優しい空気の中、「ななつ星」も2019年度を温かく迎え、運行しています。

新元号「令和」も発表され、今年度は新たな時代の幕開け。

皆さまにも素敵な春が訪れていますように。

今年度も「ななつ星」と「九州」をどうぞ宜しくお願い致します。

スタッフ
筬島
??ななつ星晴れ??
??ななつ星晴れ??
2019.03.27

ななつ星が運行を開始して、はや5年5ヶ月。

この5年間、「ななつ星が来る曜日は雨が降らない」「雨が降っていたのに、ななつ星がきたら止んだ」等

不思議な現象が所々で囁かれていました。

今日もそうです!

私は乗務が決まると、1週間前から毎日天気予報を欠かさずチェックしています。

今週は何度見ても木曜は傘マークが取れませんでした。

ところが、実際当日になるとこの天気!

本日も嬉しい天気予報のハズレ!

「ななつ星晴れ」でした。

この言葉をおっしゃったのは

運行当初のコースで宿泊していた霧島温泉「雅叙苑」の女将。
田島悦子さん。

『やっぱりななつ星に当選されたパワーで雨も避けるのね』と

優しいお顔で微笑まれていたのを思い出しました。

沿線もすっかり春の景色です。

今日も心が晴れ晴れとしたステキな1日でありますように。

 

クルー
原田 芙美
てんとう虫
てんとう虫
2019.03.17

みなさまこんにちは。

以前紹介された「かえる」に続いて、列車内にいる小さな生き物をご紹介したいと思います。

ご覧ください!

見つめているだけでふっと笑顔になれるそんな魅力のあるこのてんとう虫。
ちいさくて大変可愛らしい姿に癒されます。

このてんとう虫、実は有田焼の焼き物なんです。

ななつ星だから「ナナホシテントウ」。

この作品は人間国宝でもあった14代酒井田柿右衛門さんが作ってくださった作品です。

葉っぱの形をしたお皿の上にちょこんととまっている姿は今にもどこかに飛んで行ってしまいそうです。

列車の中には14代が作ってくださった素晴らしい作品がたくさんありますが、私は特にこの作品が大好きです。

この遊び心いっぱいのてんとう虫、みなさま列車の中でぜひ探してみてくださいね。

クルー
川内谷
まもなくグランドオープン
まもなくグランドオープン
2019.03.07

「ななつ星in九州」の3泊4日コースでは、

最初の観光地として門司港駅に立ち寄ります。

 

先日、その門司港駅に様々な箇所で働く同期たちが集まり、ななつ星のお客さまをお見送りしてきました!

 

この時、門司港駅は保存・復原のための改装工事中でした。

 

そして、まもなく!

約6年に及ぶ保存修理工事を終えて、門司港駅がグランドオープン致します!

 

洋食レストラン「みかど食堂 by NARISAWA」や「スターバックス コーヒー」など新たにオープン。

 

毎週火曜日の13時15分から14時35分には、「ななつ星」も停車しています。

 

新しさと懐かしさの融合した門司港駅は3月10日、大正時代の姿に甦ります。

 

皆さまも足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

クルー
長沼
クルー制服の秘密3
クルー制服の秘密3
2019.02.27

皆さま、こんにちは。

制服の秘密第3弾です!!

今回は、制服の種類をご紹介します。

クルーは、シーンに合わせ制服を変えております。

 

1枚目の写真は、ランチ時の制服です。蝶ネクタイを着けるのはランチ時のみです。

 

2枚目の写真は、ティータイムやバータイム時の制服でネクタイにチェンジ致します。

 

極めつけの3枚目は一見クルー?と迷われるかと思いますが、列車の付け替えを行う際の作業着で、もちろんクルーです。

 

実はこの他にも様々な制服があり、さまざまな旅のシーンを制服でも感じていただけます。

クルー制服の変化も旅のお楽しみに加えていただけると幸いです。

 

クルー
大羽
ななつ星 写真撮影のポイント
ななつ星 写真撮影のポイント
2019.02.17

以前のコラムで、ななつ星が「ピカピカ」な理由をご紹介させていただきました。

この「ピカピカ」な車体… 写真撮影には少し工夫が必要です。

あまりにもピカピカすぎて、撮影者が映り込んでしまうからです。

そのようなときは、「ななめ45度」の角度からの撮影をおすすめします。

 

右ななめ45度。

左ななめ45度。

 

駅のホームでななつ星を見かけた際は、是非「ななめ45度」からの撮影をお試しください。

 

ななめでもやはり「ピカピカ」な「ななつ星」。特急みどり号が映り込んでいますね。

スタッフ
山田
ななつ星の色
ななつ星の色
2019.02.07

九州を駆け抜けるこの「ななつ星」の色。

皆さま何色かご存知でしょうか?

 

私も運行当初初めて聞いたのですが、「古代漆色(こだいうるしいろ)」という色だそうです!

 

 

ですがこの色、時間帯や景色によって様々な色に変わります。

青空の下では、赤みがかって、

 

 

星空の下では真っ黒に…

 

 

今日のななつ星は、皆さまには何色に見えるでしょうか。

 

クルー
宇佐美
たくさんの笑顔に出会う旅
たくさんの笑顔に出会う旅
2019.01.27

1泊2日の旅の一幕。

早岐駅にて列車行きあいの為の15分ほどの停車中。

カメラを手にしたお客さまが車内をウロウロ。

クルーもソワソワ。

窓に近寄りベストポジションを探します。

その瞬間を見逃すまいと、ちょっとした緊張感。

ななつ星のエンジン音をぬってホームに響くベルの音。

見つめる先に向こうからやって来たのは…

金色に輝く“或る列車”!

向かいあうわずかなひととき

互いに手を振り

写真を撮り

ふたつの列車に笑顔が溢れます。

その“とき”を待つお客さまのワクワクと

たくさんの笑顔がわっと花開くその瞬間が

私の大好きな旅の一コマです。

 

列車で、駅で、沿線で…

笑顔で手を振りあう地域の方とお客さま、そしてクルー。

ななつ星の旅の途中では、たくさんの笑顔に出会います。

笑顔が旅を鮮やかに彩ります。

クルー
山元
「かえる」の思い
「かえる」の思い
2019.01.17

皆さま、こんにちは。

 

前回のスタッフコラムで、壁に張り付いている(しがみついている)「かえる」が気になられた方も多いと思います。

 

実はあの「かえる」、 “ななつ星”車内に 2匹 いるんです!

 

「気をつけておかえりください」と「またおこしください(おかえりなさい)」の、2つの思いを込めて。

 

いる場所は、ここでは敢えて伏せておきます。

お客さまやクルーを、そっと 見守っておりますので。

 

いつでも、どこででも、誰かの「おかげさま」で“ななつ星”が運行されていることに感謝しつつ・・・。

 

本日も「いってらっしゃいませ」、そして「おかえりなさいませ」。

 

本格的な寒い季節でございます。

お身体には気をつけてお過ごしくださいませ。

スタッフ
井福・伊藤
「ななつ星」動物園
「ななつ星」動物園
2019.01.07

皆さま、あけましておめでとうございます。

 

年始から気温も下がり寒い日が続きますが、お元気でお過ごしでしょうか。

さて、ななつ星は1月5日から元気に運行を開始致しました。

今年もななつ星、クルー、スタッフ一同皆さまをお迎えする準備は万端です。

 

ここで、「何でこのタイトル?」と思われてた方もいらっしゃると思います。

実は、ななつ星車内では他にもお客さまをお出迎えをするメンバーがいます。

それがこの子達です!!

どうです?とても可愛らしいと思いませんか?

 

ある子は目立つ場所、ある子はひっそりとご乗車いただいたお客さまをお出迎えしています。

 

実は、車内には他の子達もいるのですが、その子達は是非ご乗車いただいた際に見つけてあげて下さい。

 

これからまだまだ寒くなる季節です。

どうぞご自愛ください。

 

 

クルー
古川富紹
Nゲージ鉄道模型の販売です!
Nゲージ鉄道模型の販売です!
2018.12.27

ついに・・・・発売になりました!

「ななつ星 in 九州」のNゲージ鉄道模型!

機関車と1号車~7号車の8両セット 税込40,000円です。

 

ななつ星ギャラリーでご購入いただいたものは

水戸岡鋭治氏デザインのオリジナルパッケージでお届けします。

 

701号室のお部屋

 

機関車と1号車の連結部分

 

クルーみんなで眺めてみましたが・・・本当にリアルです!

 

ぜひ実物と見比べて頂きたい。

 

自宅でゆっくり眺めながら・・・

ななつ星in九州に思いを馳せていただけると幸いです。

 

「ななつ星 in 九州」のNゲージ鉄道模型(8両セット)はこちら

https://nanatsuboshi-gallery.jp/products/detail.php?product_id=271

 

クルー
奥山
~クリスマス~
~クリスマス~
2018.12.17

皆さま、こんにちは。

 

師走の候、何かと慌しい毎日を送っていらっしゃる方も多いかと思います。

南西部に位置する九州ですが、最近は寒さも一段と厳しくなってまいりました。

そんな寒い季節、人々の心を暖かくしてくれるのがクリスマスのイルミネーション!

博多駅前もクリスマスの装飾と色とりどりのイルミネーションで私たちを楽しませてくれています。

「ななつ星in九州」もクリスマスの季節に合わせ、車内と金星ラウンジのイラストを変更いたしました。

 

 

もちろん、デザインは全て水戸岡鋭治先生です。

お客さまに少しでもクリスマスの気分を味わっていただければと思っております。

 

 

車内のイラストですがその他にも季節に合わせ、「お正月編」、「ひな祭り編」などもございます。

 

こちらはまたの機会に皆さまにご紹介したいと思います。

 

スタッフ
原田愛子
プレミアムな前夜祭
プレミアムな前夜祭
2018.12.09

ななつ星にご乗車いただく前日に皆さまお集まりいただく「プレミアムな前夜祭」を開催いたしました。

今回は、3 泊4 日コースの1 日目の夕食でもご提供してくださっている、レストランジョルジュマルソーにて、

九州のお茶どころ佐賀県嬉野の茶師にお越しいただきフレンチに合ったお茶をご提供。

「ゆず緑茶」や「水出し冷茶」等美味しいお茶と九州の食材をふんだんに使ったお料理に喜んでいただきました。

また、ジョルジュマルソー専属ソムリエによるワインの提供と説明もあり、日本とフランスの文化も同時にお楽しみいただきました。

更に、前夜祭ならではのクルーによる「ななつ星」の楽しみ方のお話もあり翌日からの「ななつ星」の期待感が膨らみます!

前夜祭でお客さま同士も仲良くなり、「ななつ星」で旅する14 組のお客さまの一体感も生まれます。

これからも様々な前夜祭を実施予定ですので、どうぞご期待ください!

スタッフ
山嵜
くにさき七島藺 車内製作
くにさき七島藺 車内製作
2018.11.27

皆さま、こんにちは。

これまで「くにさき七島藺」について5月に植え付け、8月に刈取りの様子をお伝えしてきました。

その、8月に刈取りをした「くにさき七島藺」は、今車内制作体験にて使用中です。

今回は、車内での製作体験を紹介します。

初めに、「くにさき七島藺」のお話から・・・

「琉球畳表」と言えばもともと豊後の国の七島藺(カヤツリグサ)で織り上げた畳表のことを指していました。

イ草と違い、断面が三角形になっており、耐久性に優れています。

色つやよく肌触りもいいことから、全国で琉球畳の表として使われたほか、東京オリンピックまでは柔道畳として使われていました。

機械化が難しいことから、生産が激減し、今では大分県の国東半島だけで栽培されている植物で、畳表などの材料として使用されています。昭和30年代まで生産の全盛だったものの、今では大分県内で数件の農家さんがいらっしゃるのみとなりました。

 

ななつ星では3泊4日コースの初日、車内でこの「くにさき七島藺」を使用した工芸品の製作体験を作家の「七島藺工房ななつむぎ」岩切千佳さんに教えて頂きながらお楽しみ頂いています。

まず、初めにくにさき七島藺(沖縄畳)とイ草の違いの見分け方をご存知でしょうか。

 

山が「ごつごつしている物」がくにさき七島藺

 

山が「ごつごつしていない物」がイ草です。

 

また、製作体験で使用するくにさき七島藺は、畳で使用することができない規格外のものを使用します。(ビックリ!!)

 

 

今回はコースターの作成です。

しっかりと二人で力を合わせて「くにさき七島藺」を編み上げていきます。

 

「くにさき七島藺」を編み上げたあとは、専用コースターに貼付けをして完成!!

 

ぜひ、「くにさき七島藺」製作体験を「ななつ星」車内にてお楽しみ下さい。

クルー
黒木
陰の立役者
陰の立役者
2018.11.17

「ななつ星」のラウンジや客室に飾られている植物。
私たちは親しみを込めて「草木」と呼んでいます。

この、草木。

実は毎週、鹿児島県の「嵯峨野草庵」さんから届けていただいているのです。

運行開始から今まで、梅雨時期も、酷暑の夏も、極寒の冬も、毎週欠かさず山に入り採ってきてくださっています。

本当に頭が下がる思いです。

こうして届けていただいた「草木」は、研修を受けたクルーが花瓶に挿しています。


ノスタルジックな雰囲気の「ななつ星」には、バラや胡蝶蘭のような花ではなく、
野山の四季を感じさせる「草木」がとても似合うと思いませんか?

「ななつ星」のひとつひとつに、陰の立役者たちの想いが込められています。

クルー
田中瑠理
おはようございます。
おはようございます。
2018.11.07

透き通った空気に「ななつ星」の車体に、朝日が移り込みます。

阿蘇の外輪山からの日の出です。

雄大な阿蘇からの至福の時間。

3泊4日2日目の朝の1シーンです。

クルー
吉村
2019年も『ななつ星』とともに・・・
2019年も『ななつ星』とともに・・・
2018.11.01

早いものでもう11月、今年もあと2ヶ月で2019年を迎えます。

博多の街の木々が色づくのはもう少し先のようですが、風の冷たさや準備が進むイルミネーションに季節の移ろいを感じている今日この頃です。

「ななつ星」は今日も元気に九州を走っています。九州の美しい景色の中を颯爽と、沿線の方々に元気をもらいながら、走っています。

 

そんな九州の景色の中を走る「ななつ星」を楽しめる「オリジナルカレンダー」が好評発売中です。

2019年もぜひ「ななつ星」とともにお過ごしいただけたら嬉しいです。

ななつ星Galleryオリジナルグッズはこちらから https://nanatsuboshi-gallery.jp/user_data/originalgoods.php/

少しずつ黄色く色づく葉

 

スタッフ
重松
「ななつ星」車内の遊び心シリーズ①
「ななつ星」車内の遊び心シリーズ①
2018.10.27

皆さまこんにちは

突然ですが左側の写真を見て何か分かりますか。

引いてる写真はこのような感じです。

 

この写真を見ると何となく想像がつく方がいらっしゃるのでは

 

そう正解は・・・・

 

1号車の大窓の簾なのです。

 

普段はお客さまへ沿線の景色を堪能して頂きたく収納しているのですが、深夜や早朝についてはこのように簾を下ろします。

 

この簾には真ん中に穴があります。

 

なぜ真ん中に穴が開いてるのかというと・・・

 

実は「のぞき穴」なのです。

 

穴が開いてると気になってのぞきたくなるでしょ。

 

と「ななつ星」のデザイナーの水戸岡先生が笑いながらおっしゃっていました。

 

のぞき穴から見ると、いつもとは違う世界が見えるとか見えないとか・・・

 

 

クルー
長友
「ななつ星in九州」5周年と新テーマ曲について
「ななつ星in九州」5周年と新テーマ曲について
2018.10.16

おかげさまで「ななつ星in九州」は2018年10月15日に5歳の誕生日を迎えることができました。

たくさんのお客さま、地域の皆さま、ご協力施設の皆さまのあたたかいお力に支えられ、5年間という時間を走ってこられましたことに、心より感謝申し上げます。

そしてこの5周年を機に、第2章がはじまる「ななつ星」にふさわしい新しいテーマ曲も誕生しました。

ピアニストとしてもご活躍の光田健一さんに作曲いただき、「輝く星の贈り物~歓び」と題したテーマ曲は、短いモチーフと共に「輝く星のメロディー」「夢を乗せて」「空から見てみたい」「森、海、谷、走る」「バラード in Night Cruise」「朝、野を駆ける」「優しい瞳」の7つのシーンで構成され、「ななつ星」の旅から見える感動を音楽で鮮やかに蘇らせてくれます。

公式通販サイト「ななつ星Gallery」にて収録のCDもご案内しておりますので、ぜひお聴きください。

https://nanatsuboshi-gallery.jp/products/detail.php?product_id=259

 

本日、新たなテーマ曲のすばらしい演奏の中、6年目の「ななつ星」がお客さまを乗せて博多駅を出発いたしました。

これからも「ななつ星」は、さらに九州のすばらしさを発信していく列車として、地域の皆さまとともに走り続けたいと思っております。

皆さまより、変わらぬあたたかいご支援を賜りますよう、スタッフ・クルー一同心よりお願い申し上げます。
たくさんの感謝を込めて・・・。

スタッフ
水嶋
「ななつ星in九州」お申込み受付開始について
「ななつ星in九州」お申込み受付開始について
2018.10.07

皆さま こんにちは。

 

今回は、「ななつ星in九州」の受付開始についてご案内いたします。

 

現在、10月31日(水)まで14期(2019年3月~2019年9月出発分)のお申込みの受付を行っております。

 

1泊2日、3泊4日で九州をめぐるコースと「ななつ星」の旅に列車ではまわれない更に奥深い九州の魅力ある旅をプラスした「プレミアムな九州の旅」をご用意いたしております。

 

【お申込み受付方法】

・「ななつ星 in 九州」専用のホームページ「お申込みフォーム」よりお申込みが可能です。資料請求もインターネットでお申込みいただけます。

【「ななつ星」お申込み・パンフレットご請求】

https://www.cruisetrain-sevenstars.jp/application/

 

・郵送の場合:「ななつ星」パンフレットに同封の申込用紙に必要事項をご記入いただき「クルー ズトレインツアーデスク宛」に郵送※10月31日(水)消印有効

 

多くのお客さまからのお申込みを心よりお待ち申し上げております。

 

スタッフ
竹本
「ななつ星」ご提供ワインについて
「ななつ星」ご提供ワインについて
2018.09.27

皆さま、こんにちは。

今回は、運行開始当初から「ななつ星」車内で提供している熊本ワイン「菊鹿シャルドネ」についてのご紹介です。

 

「菊鹿シャルドネ」は、熊本県の山奥、山鹿市で栽培された辛口の白ワイン品種シャルドネを使用した白ワインです。

 

ななつ星では、特別に「ななつ星」のためだけの樽熟成期間を経て、刻印を入れたオリジナルエチケット(ラベル)の「菊鹿シャルドネ」で、

車内でしか味わえない至福のひと時をお客さまにご提供しております。

今年のブドウは寒暖差もあり、例年以上に糖度もバッチリ、収穫も無事終了したようです。

 

車内のワインはこれから最も適した樽熟成期間を経てお目見えします。

 

愛する我が子のように、大事に育って欲しいという生産者の想い。

 

また、大切な「ななつ星」のお客さまの為に美味しくと願う私たちスタッフ・クルーの想いが込もっています。

 

詳しいご紹介は、「ななつ星セレクション」にも記載しております。
https://nanatsuboshi-gallery.jp/user_data/artists_detail.php?artist_id=115#related_product

 

クルー
 ソムリエ 児玉
クルー制服の秘密2
クルー制服の秘密2
2018.09.17

皆さま こんにちは。

前回好評だった(?)制服の秘密の第二弾です。

 

今回は、このバッジです。
クルーの左の襟元に着いていますが、ご覧なられたことはありますか?

 

・左側

赤色バッジ  CCC(チーフキャビンクルー)…トレインマネージャー補佐

 

・真ん中

黒色バッジ  TM (トレインマネージャー)…列車責任者

 

・右側

黄色バッジ  DXS(デラックススイート)…7号車デラックススイートの専任クルー(バトラー)

を意味しています。

 

ちなみに、バッジの着いていないクルーは、キャビンクルーとして乗務しています。

バッジ装着を目指し日々精進しています。

 

1運行で9名乗務するクルーは、バッジの有無に関わらず、九州を世界に発信する事を使命に今日もお客さまと「新たな人生にめぐり逢う、旅。」を続けます。

クルー
篠原
“プレミアムな九州の旅”って…?
“プレミアムな九州の旅”って…?
2018.09.07

皆さま、“プレミアムな九州の旅”をご存知でしょうか。

「ななつ星 in 九州」の旅と併せて、より奥深い九州の魅力をお伝えしたいとの

思いから生まれた「ななつ星」のクルーがご案内するバスツアーと

「ななつ星 in 九州」の旅を組み合わせた特別な旅です。

 

実は本日もこの“プレミアムな九州の旅”へお客さまをご案内しています。

今回の行き先は『雲仙』。

日本初の国立公園の一つである雲仙は元来、『温泉』と書いて『うんぜん』と読まれていたそうです。

それぞれの地獄の名前の由来やその背景は現地のガイドの方が丁寧に説明してくださいます。

 

夜は、歴史を感じるクラシックホテル『雲仙観光ホテル』にて、ゆったりとしたひと時をお過ごしいただきます。

 

次回の“プレミアムな九州の旅”はどこを巡るのでしょうか…

これからも九州のあらゆる魅力をお届けしてまいります!

スタッフ
矢羽田・竹之内
美しい奄美大島と「ななつ星」で過ごす夢の時間はいかがでしょう
美しい奄美大島と「ななつ星」で過ごす夢の時間はいかがでしょう
2018.09.03

皆さま、奄美大島へ行かれたことはありますか?

放送中の大河ドラマ「西郷どん」でもその舞台としても登場した、美しい海と自然、あたたかい人々が待っているすばらしい島です。

この秋、「家庭画報」とタイアップして奄美大島と「ななつ星」をお楽しみいただける特別な旅を企画いたしました。。

普段「ななつ星」の旅だけではご案内できない九州のすばらしい地で、夢のような時間をご用意しています。

奄美の伝統工芸「大島紬」と、西郷さんの足跡を辿る旅とともに、奄美ご出身の中孝介さん、元ちとせさんのスペシャルコンサートや、大河ドラマ「西郷どん」にも出演された女優の松坂慶子さんのトークショーなど、多彩なゲストとご一緒してのイベントもお楽しみいただきます。

また、初日のディナーでは「2018年度版アジアのベストレストラン50」で第2位に輝かれた話題の日本料理「傳」の長谷川シェフによる奄美の食材を使ったこの旅だけのウェルカムディナーもご堪能ください。

10月は奄美のベストシーズンだそうです!

昼は美しい海、夜はあたたかい星の光に心を癒される地へ訪れた後は「ななつ星」の1泊2日の旅へ・・・。

美しく心豊かな旅を皆さまとご一緒できましたら幸いです。

9月10日(月)まで、「家庭画報.com」にてお申し込みを受け付けております。

詳しくはこちらをご覧ください。https://www.kateigaho.com/travel/20442/

スタッフ
水嶋
クルー制服の秘密
クルー制服の秘密
2018.08.27

皆さま、こんにちは。
今回はクルーの制服の秘密についてです!

クルーの制服も、「ななつ星in九州」のデザイナー水戸岡鋭治氏がデザインされたものです。

夏服は真っ白、冬服は真っ黒な制服です。

 

さて、制服のポケットから出ているこのチェーン、何だと思われますか?

 

 

 

実は、「懐中時計」なんです!

 

この懐中時計は、博多駅の博多口の正面にある時計と同じデザインです。

 

私たちは、この懐中時計と共に、時とお客さまとの思い出を刻みながら

今日も乗務しています!

クルー
宇佐美
「ななつ星in九州」出発当日のひとコマ
「ななつ星in九州」出発当日のひとコマ
2018.08.17

出発当日の早朝、ピカピカに磨き上げられた「ななつ星」の車内にスタッフは必要な物やお客さまのお荷物を1つずつ、丁寧に車内へ運び入れます。

 

「ななつ星」は九州各地を3泊4日または1泊2日の行程で移動するため、毎回必要と思われる備品などはあらかじめ車内に積み込みをしています。

その量はみなさまの想像以上?かもしれません。

 

まだ見ぬお客さまの笑顔を想像しながら・・・・・

 

出発準備に余念はありません!!

スタッフ
鈴木
くにさき七島藺 刈取り体験記
くにさき七島藺 刈取り体験記
2018.08.14

5月に植え付けを行なった「くにさき七島藺(しちとうい)」が、刈取りの時期を迎え、ななつ星スタッフでお手伝いに参加して来ました。

 

3ヶ月間という短い期間で、背丈を上回る高さに成長した「くにさき七島藺」。 この七島藺が工芸品の材料として使用されるまでには、多くの行程が必要となります。

 

①刈取り

日中の暑い時間を避け、夕方から刈取りを行います。成長した七島藺は、   束にすると自立します。1回の刈取りで90本程度の束を作るそうです。

②選別~分割

長さと太さが適正なものをピックアップして、分割機に投入します。     この機械は、35年以上も使用しているものだそうです。私と同じ歳・・・

③乾燥

約8~10時間かけて乾燥させます。その際、何度も温度チェックを行うため、  夜通し作業となることもあるそうです。

 

①~③と多くの手間ひまをかけて、やっと畳表などの材料となります。    生産者の方々は、この作業を毎日繰り返し行なっているというから驚きです。 こうして、夏に刈取り乾燥させた七島藺は、冬に畳表に姿を変えます。

 

ななつ星の車内では、こうした手間ひまをかけて準備してくださった貴重な  「くにさき七島藺」を用いた工芸体験をお楽しみいただいています。

 

写真① 「前回植えた七島藺が背丈を越えました!!」

 

写真② 「刈取り」

しっかり自立します。夕暮れ時の七島藺のある風景です。

 

写真③ 「分別~分断」

一生懸命分別しています。

長年使用されている分割機です。頑張っています!!

 

スタッフ
山田
「ななつ星」がピカピカな理由
「ななつ星」がピカピカな理由
2018.08.07

「ななつ星」はなぜいつ見てもピカピカなのでしょうか…

 

火曜の早朝、「ななつ星」はいつものように竹下駅の車両基地で、3泊4日コースの出発を今か今かと心待ちにしています。

 

よく見ると、清掃員の方が早朝からななつ星の隅から隅まで手洗いで磨いてくれています。車内も同様です。

 

「ななつ星」は特殊なボディのため、機械で洗車することができません。

 

竹下だけでなく、九州各地で朝早くから夜遅くまで、雨が降っても雪が降っても嵐でも隅々まで手洗いで磨いて下さっています。

 

お客さまにご満足いただくために・・・。

「ななつ星」が美しくいられるように・・・。

 

私たちだけでは、ななつ星の旅は成り立ちません。

 

数えきれないほどの方と心を一つにして、チーム九州で特別な旅を提供しています。

クルー
水上
いざ「フルーツ王国うきは!」へ!
いざ「フルーツ王国うきは!」へ!
2018.08.06

皆さまは、福岡県うきは市をご存知でしょうか。

九州でフルーツ狩りといえば、「浮羽」の名前が挙がるほど、有名なフルーツの里です。

毎週ななつ星の車内へ、季節のフルーツを積み込んでいただいていますが、このご縁で、夏のフルーツ狩りの開幕を告げる「フルーツ王国うきは!」の開国式なるものへ行ってまいりました!

弾けそうなほどたわわに実った「ぶどう」や「ブルーベリー」、たくさんの品種が時期ごとに楽しめる「梨」など、フルーツ狩りを体験させていただき、楽しくおいしい時間を過ごすことができました。

今年のフルーツは例年に比べ糖度が高く、甘くておいしくできているとか。

皆さまもこの夏は、うきはでのフルーツ狩りをお楽しみになってはいかがでしょうか。

暑い中、クルーもがんばりました!

いつもお世話になっているうきは市の方。

本当にありがとうございます!

おいしそうな梨。

あっ、せみの抜け殻が・・・!

 

 

 

スタッフ
重松
久大本線特別運行について
久大本線特別運行について
2018.07.31

7/29(日)、「ななつ星in九州」は7/14に全線復旧した久大本線に約1年ぶりに

特別運行を行い、各地域で歓迎のおもてなしを頂きました。

 

うきは市では、約100人の地域の方がお集まりくださり、「ななつ星」の通過時に

「お帰りなさい」の掛け声で「バルーンリリース」を実施。「ななつ星」からも

「ただいま」のメッセージを車窓から送り、再会を共に喜びました。

 

また、豊後森では、「ななつ星」の到着時に、1日駅長がお客さまをお迎えしてくれました。1日駅長を務めた高倉悠悟君と秋山琴ちゃんは、「この日を楽しみにしていた」と嬉しそうにコメントしてくれました。

 

「ななつ星」は10月から1泊2日の2日目に久大本線を運行致します。

地域の方と共に再び久大本線を盛り上げていきたいと思っております。

「ななつ星」から「ただいま」のメッセージ

1日駅長を務めた高倉悠悟君と秋山琴ちゃん

スタッフ
一同
夏の宮崎の海と山の車窓。
夏の宮崎の海と山の車窓。
2018.07.27

列車から見る景色は、いつもと違って見えるかもしれません。

流れていく景色を見ながら、これまでの思い出やこれからのことを

一緒に旅をするパートナーと語らう、心が豊かになる空間。

特別な列車の旅を提供します。

クルー
有藤
祝・久大本線全線復旧!
祝・久大本線全線復旧!
2018.07.17
昨年(2017年)7月に発生した九州北部豪雨の影響で、約1年不通となっていた久大本線が先日14日(土)から運行を再開しました。

 

炎天下の中、沿線には多くの方が出迎えてくださり、D&S(デザイン&ストーリー)列車「ゆふいんの森」が通ると歓声と多くの笑顔があふれていました。皆さまに久大本線復旧を喜んでいただき、私たちも嬉しさでいっぱいです。

 

「ななつ星in九州」は10月より1泊2日コースの2日目に、久大本線を通るルートの運行に戻りますが、それに先駆け、今月29日(日)にも久大本線で特別運行を実施します!

 

九州の更なる魅力を、「ななつ星in九州」を通して発信していきます。

 

 

スタッフ
河﨑
「ななつ星in九州」クルー第6期生が誕生しました!
「ななつ星in九州」クルー第6期生が誕生しました!
2018.07.07

 

6月に「ななつ星in九州」クルーの6期生の任命式をラウンジ

「金星」で行いました。

明るくフレッシュな4名に「ななつ星への夢」を聞いてみました。

 

お客さまと感動を共有できるように、毎日夢を持って頑張ります!(嘉村)

 

たくさんの方の”思い”を大切にして、より多くの方にななつ星を親しんで

いただけるように努めたいです。(泉水)

 

日本だけでなく、世界中のお客さまに「ななつ星」のすばらしさを

知っていただき、旅の喜びを感じていただきたいです。(塩島)

 

九州が大好きで、九州のさまざまな魅力をお客さまに届けていきたいと
思っています。ななつ星に乗車した後も、「また九州に行きたい!」と
思っていただけるようなおもてなしをしていきたいです。(田中)

(前列写真左2から嘉村・泉水・塩島・田中)

4人の新メンバーはクルーとして乗務するため現在研修を行っています。

これからご参加いただくお客さまの「新たな人生にめぐり逢う、旅。」に

ご一緒させていただく日を楽しみにしています。

 

スタッフ
秋山
「金星カフェ&ストア」の期間限定オープン!
「金星カフェ&ストア」の期間限定オープン!
2018.06.27

みなさま こんにちは。

今回は、「金星カフェ&ストア」の期間限定オープンについてのお知らせです。

 

クルーズトレイン「ななつ星in九州」の専用ラウンジ「金星」が、この度初めて「カフェ&ストア」として期間限定でオープンします!

カフェでは「ななつ星」車内で提供しているスイーツやドリンクをご提供します。また、ストアでは「ななつ星」オリジナルグッズを販売します。

 

いつも「ななつ星」を応援してくださっている皆さまへの感謝の気持ちを込めて、「ななつ星」のスタッフがおもてなしを致します。

この機会に少しでも金星の雰囲気を味わって頂けたらと思います。

 

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

詳しくはこちら

http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2018/06/26/180626_001.pdf

 

スタッフ
門田
臼杵駅のホーム駅名表
臼杵駅のホーム駅名表
2018.06.17

みなさま こんにちは。

今回は、ななつ星3泊4日コース、3日目に停車する日豊本線 臼杵駅の

駅名表をご紹介させていただきます。

 

今年、2月から臼杵駅のホームにある駅名表が

「う♡(すき)」という表示になりました。

地域を好きになってもらうという臼杵市のプロジェクトの一環です。

とても可愛く、インスタ映えもすると思います。

臼杵駅にお出かけの際には、ぜひ駅名表の前で写真を撮られては

いかがでしょうか!

 

私たちクルーと共に、一緒に写真に写ってくださっているのは

杵築市にあります、「若栄屋」の16代ご当主 後藤源太郎さんです。

ななつ星の旅の3日目の昼食を列車内でご提供して下さいます。

 

ななつ星の旅を通して、車窓から見られる小さな気づきを私たちクルーは

できるだけ沢山お客さまに紹介していきたいと思っています。

クルー
今村
ななつ星車内「ステンドガラス」を通して見る夕日
ななつ星車内「ステンドガラス」を通して見る夕日
2018.06.07

景色の移ろい、時間の移ろい。ゆったりと時の流れを感じることのできる列車での旅です。

お客さまは車内でパートナーとグラスを傾け、夕食に舌鼓をうちます。

車窓からは長崎県大村湾、その先には日中とは違う鮮やかなオレンジの夕日が沈みかけています。

そんな自然の雄大さを眺めながら改めて「乾杯」。至福の時間です。

クルー
数澤
「ななつ星in九州」を海外へPR!
「ななつ星in九州」を海外へPR!
2018.05.27

こんにちは。

2013年10月に運行開始した「ななつ星in九州」、現在アジアを中心に、30を超える国と地域から、多くの海外のお客さまにもご乗車いただいております。

来年開催される「ラグビーワールドカップ2019」の会場にもなっている「九州」に、もっと多くの海外のお客さまにお越しいただき、九州が誇る「自然」「温泉」「食」「歴史・文化」などとともに、「ななつ星in九州」などで「鉄道の旅」をお楽しみいただきたく、これら魅力ある「九州」の情報を、広く世界に向けて発信するため、日々活動をいたしております。

今回、5月21日(月)~24日(木)にシンガポールで開催された「ILTM(International Luxury Travel Market)Asia Pacific」に参加いたしました。
会場は「マリーナ・ベイ・サンズ」。オセアニア、欧米、東南アジアを中心に、各国から600社を超える旅行社等が参加し、商談会では「ななつ星」に興味をもたれた各国の旅行会社等の担当者と、限られた時間ではありましたが、「ななつ星」の列車のことはもちろん、「九州」への旅行の魅力を世界に向けてしっかりとアピールしてきました。

皆さまとても熱心に聴いて下さるので、汗をかきながら身を乗り出して話をさせていただき、とても有意義でシンガポールでの商談会でした。(もちろん、英語での会話です)。

余談ですが、シンガポールの食事は辛いものが多いので苦手だなと思っていましたが実は“おいしい!”ことが分かりました!

「商談会の様子」

スタッフ
筬島
くにさき七島藺植え付け体験会
くにさき七島藺植え付け体験会
2018.05.17

突然ですが皆さま、「くにさき七島藺(しちとうい)」をご存知でしょうか?大分県の国東半島だけで栽培されている植物で、畳表などの材料として使用されています。昭和30年代まで生産の全盛だったものの、今では大分県内で数件の農家さんがいらっしゃるのみとなりました。

ななつ星では3泊4日コースの初日、車内でこの「くにさき七島藺」を使用した工芸品の製作体験を作家の「七島藺工房ななつむぎ」岩切千佳さんにお越しいただき行っているのですが、今回そのご縁で苗の植え付け体験会にお邪魔してまいりました。泥の中での田植えは大変さもありましたが、農家さんや地域の皆さまの想いを身をもって知るとともに、それを車内のお客さまに少しでもお伝えできれば…そう感じた有意義なひとときでした。

「集合写真」

「くにさき七島藺工芸品(円座)」

クルー
田中
「ななつ星」のスタッフコラム、はじめました!!
「ななつ星」のスタッフコラム、はじめました!!
2018.05.07

GWも終わり、新緑がますます美しい季節となりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか?

本日より、「ななつ星」のコラムがはじまりました!「ななつ星」の運行に携わるクルーやスタッフが、「ななつ星」と「九州」にまつわるあれこれをご紹介していきます。どうぞよろしくお願いします!

さて、「ななつ星Gallery」という通販サイトをご存知でしょうか?こちらでは「ななつ星」のオリジナルグッズや「九州の逸品」をご紹介しています。

今月は、新商品として「ななつ星オリジナルエプロン」も登場しています。「ななつ星」の女性クルーが着用しているものと同じデザインで、今週末の「母の日」のプレゼントにおすすめです!

ぜひ「ななつ星Gallery」へ遊びに来てくださいね。

スタッフ
重松