「ななつ星 in 九州」における
新型コロナウィルス感染症対策について

 当⾯の間は感染症流行の状況を慎重に見極めながら、以下のような感染症対策のもと、これからも安全を最優先にご安心いただける旅をお届けして参ります。

対策(概要)

  • 客室やパブリックスペースなどの消毒清掃を強化します。
  • パブリックスペースでは、オゾンによる空間除菌を行います。
  • 通路の手すりやドアノブ等には、抗ウィルス・抗菌加工を施します。
  • 手指消毒設備を設置します。
  • 検温等によりお客さまの健康状態を把握します。
    発熱等が認められた場合には、ご乗車をお控え頂く場合がございます。
  • 社員のマスク着用徹底と健康・衛生管理を強化します。

2021年1月現在

九州の輝きをつなぎ
極上にきらめく時間へ
豊かな自然・食・文化・歴史に彩られた九州の魅力を、心からのおもてなしとともにお届けするため、
クルーズトレイン「ななつ星in九州」は走りはじめました。
九州7県それぞれの輝き、そして地元の人々の輝く笑顔と温もりをつなぎながら、
これまでにない極上の列車旅へご招待します。
すべての時間があたたかく、彩り深く、新しい。地上に輝く「ななつ星」の中で、
旅のあともずっと輝き続けるひとときをお過ごしください。

ごあいさつ

新たな人生に  
めぐり逢う、旅。
旅が特別なものだとしたら、この列車の旅は何と言い表せばいいのだろう。車窓から見えるのは、流れゆく風景。山々にそよぐ緑、海から香る潮風。大地には豊かな水が流れ、人は恵みに感謝しながら暮らしている。列車は、その中をただ駆け抜けるのではない。時に降り立ち、ふれあい、感じる。クルーズトレインという新しい旅のステージ。そこでしか出会えない景色や人々との語らいは、きっと新たな人生が発見できる。"ななつ星"、あなたの夢を乗せて出発です。

ごあいさつ

2013年10月、日本初のクルーズトレインとして誕生した「ななつ星」は、おかげさまで運行開始9年を迎えようとしています。

これもひとえに、地域の方々の長年の温かいおもてなしや、日々の運行へのご協力あってこそのものと、心より感謝申し上げます。

「九州を世界に発信する」という目標を掲げ、海外からのお客さまも数多くお迎えしていた矢先、全世界が新型コロナウイルスの脅威に見舞われました。
また、地震や水害をはじめとする様々な自然災害、環境汚染など私たちが直面している問題は枚挙にいとまがありません。

それでも私たちは、旅がその人の人生に与える底知れぬ原動力と、生まれる心の豊かさ、人と人との絆を信じ、今日も「ななつ星」だからこそできることを考え続けています。

2022年秋、「ななつ星」は第2章として新たな旅を創造し、みなさまにご提案します。

九州の歴史、伝統、文化など100年をこえるたくさんの人々の想いと物語を未来へつなぎ、心の目だからこそ見える、本当の豊かさをお伝えしていきます。
また、これから先の100年をみなさまとともに創りあげ、「ななつ星」が100年後も、希望の星であり続けること、そして旅人だけでなく地域や私たちみんなを幸せにできることを目指してまいります。

さあ、「新たな人生にめぐり逢う、旅。」第2章をどうぞお楽しみください。

古宮 洋二
九州旅客鉄道株式会社
代表取締役社長
古宮 洋二

プロフィール

プロフィール

新しい旅の舞台は、
多様な魅力と出会える  
一期一会の島「九州」。
豊かな自然が広がり、食材にも恵まれ、人々を癒す温泉やパワースポットも多数。そんな宝箱のような島「九州」で、クルーズトレインのドラマは繰り広げられます。7県の多様な魅力をつなぐレールの上をゆったりと巡りながら、土地ごとで変わりゆく景色を眺め、ときには降り立ち、ふれあい、地元の方々の心あたたまるおもてなしに癒される。巡るたびに新鮮で味わい深い「九州」ならではの一期一会の物語が待っています。